おまとめローンで借りる4つのおすすめポイント

複数のローンを抱えるようになりますと、月に何度もやってくる支払日に追われて精神的にも経済的にも負担が大きくなっていってしまいます。そこで検討していただきたいのがおまとめローンです。おまとめローンのメリットはなんといっても金利の低いおまとめローンで複数あるローンの一本化ができるという点です。

 

金利が低くなることで支払うこととなる利息を減らすことが期待でき、返済総額を抑えることも可能です。また返済日が一つにまとまれば精神的な負担も楽になります。

 

しかし、おまとめローンは選び方によってはあまり思ったような結果が得られないということもあります。

 

とにかく今すぐ支払い負担をどうにかしたいからといって、あわてて申込をしても、こうした事態に陥りかねません。賢くおまとめするには、まずはおまとめローンにはどういったものがあるのか、その特徴について理解して自分はどういったおまとめローンを選ぶべきなのかという選び方についてみていきましょう。

 

ポイント1. おまとめローンの種類

おまとめローンというのは、複数ある債務を一つにまとめるローンのことです。ですがこのおまとめローンとして検討できるものにはいくつかの種類があります。おまとめローン選びの際にはどの種類のおまとめローンを利用するかによって結果が大きく違ってきます。

 

大きくわけますとまずは、「おまとめ専用ローン」と「カードローン」とに分けることができます。ここで、「カードローンはおまとめローンではないのでは?」と思われるかもしれませんが、一般的にカードローンというのは資金使途が自由なので借りたお金を何につかっても構いません。

 

ですから、借換えやおまとめにも利用が可能というわけなのです。有名なところではおまとめ専用ローンでは東京スター銀行のおまとめローン、またカードローンでのおまとめであればオリックス銀行カードローンなどが広く知られています。

 

おまとめ専用ローンとカードローンはその特性が大きく違ってきます。

 

【おまとめ専用ローン】

・返済専用のローンとなっており、一度おまとめで融資を受けたら追加の借入は一切できない

 

【カードローン】

・与えられた利用限度枠内で繰り返し利用が可能

 

ポイント2. おまとめローンの種類によるメリット・デメリット

おまとめローンのポイントは、今よりも低金利でまとめられるかどうか、ということ、そして今よりも毎月の支払い負担をどのくらい減らせるか、ということになります。その上で、それぞれのおまとめローンの種類によるメリット・デメリットについて考えてみましょう。

 

【おまとめ専用ローンのメリット・デメリット】

おまとめ専用ローンを利用することのメリットは低金利・高額融資可能なローンで複数の債務の一本化ができるというところでしょう。まとめることで高額な借入となればその分適用金利が低くなることが期待できます。

 

またおまとめ専用ローンは基本的には返済専用ローンであり、カードローンとは違い途中で追加の借入ができないローンであるため完済に向けてしっかりと返済をしていくことができます。また返済期間が通常のローンよりも長めに設定されているため毎月の返済負担を減らすことができます。

 

対しておまとめ専用ローンを利用することのデメリットは、まず審査が厳しいという点があげられます。おまとめローンというのはそもそも多重債務であることが前提とも言えるローンです。そのため通常のローンと比べて審査が厳しくなり時間もかかる傾向にあります。

 

利用条件に年収○○○万円以上、など制限があるケースもありますし、借入件数が多過ぎたり支払い履歴に遅延や延滞などがある場合には審査に通るのが難しくなります。

 

また返済専用であるがゆえ追加融資が受けられないこと、これが逆にデメリットともなります。おまとめすることで複数あった借入先のローンは完済扱いとなりますが、その実績によって今度は融資枠拡大の案内が届くことがあるようです。

 

しかし、返済専用のおまとめローンでは他社で新たに借入をすることを契約違反をしている場合があります。もし誘惑に負けて新たな借入をしてしまえば契約違反としてローン残額の一括返済を求められるといったこともありますから、注意が必要です。

 

【カードローンでのおまとめのメリット・デメリット】

カードローンでおまとめすることのメリットは、おまとめ専用ローンではないにしても銀行カードローンを利用すれば低金利で高額な融資も可能という点です。またカードローンですので限度枠内での借入もでき、おまとめローンのように利用条件も厳しくありません。

 

銀行カードローンのなかには借換えやおまとめ利用に対して理解のあるところがありますのでそうしたところを利用するといいでしょう。デメリットとしては、返済専用になっていないため限度枠内で追加の借入ができてしまう、という点でしょうか。

 

ポイント3. 銀行か消費者金融かどちらを選べばいい?

おまとめ専用ローンは「銀行のおまとめ専用ローン」と「消費者金融のおまとめ専用ローン」とに分けることができます。おまとめローンといいますと、銀行の低金利なローン商品というイメージがあるかと思いますが、実は大手の消費者金融などではおまとめ専用ローンを取扱っています。

 

銀行と消費者金融のおまとめローンには同じ「おまとめローン」という商品であってもいろいろな違いがあります。

 

【銀行のおまとめローン】

銀行のおまとめローンは低金利で高額融資も可能ですが、審査にかかる時間が長く審査が厳しい傾向があります。融資を受けるまでには最短でも2週間程度はみておいたほうがいいでしょう。

 

年収200万円以上など条件があるため誰にでも利用できるローンではありませんが、利用できれば総返済額を引き下げる効果がかなり期待できるため、おまとめローンとしてはまず真っ先に検討したいローンです。

 

【大手消費者金融のおまとめローン】

大手消費者金融などでは借換えやおまとめローンの提供をしているところがあります。総量規制の例外貸付として、年収の3分の1を超える借入も可能です。おまとめローンというと審査が厳しく時間がかかるといった印象ですが、消費者金融のローン商品だけに比較的審査時間は短く審査も銀行ほどは厳しくはないという特徴があります。

 

ただし金利は通常のローン並みに高いものもあり、おまとめすることによる劇的な金利の引下げ効果というのは期待できません。ただし最長返済期間が10年以上と長いため、返済期間を長くすることで毎月の返済負担を減らすことが可能です。

 

ポイント4. おまとめローン審査に通らない場合には

もしもおまとめローンの審査に通らない場合にはどうしたらいいのでしょうか?まずはどういった理由で審査に落ちてしまったのか原因を知ることが必要です。おまとめローン審査に落ちる理由は個人個人で違いはありますが、ある程度の理由には絞ることができます。

 

  • 過去に延滞や債務整理など金融事故を起こしている
  • 多重申込の履歴がある
  • 勤続年数が足りない
  • 他社借入件数が多すぎる

 

金融事故や多重申込などブラックの状態にある場合には基本的にローン審査に通るのが困難です。情報の登録期間中はまず審査に通らないと思っておいていいでしょう。金融事故の場合には最長で5年〜10年、多重申込の場合には1ヶ月〜6ヶ月程度で履歴が消えますから、その期間が過ぎてから改めて申込をしましょう。

 

また勤続年数は6ヶ月未満ですと審査に通るのが難しいところが多いです。最低でも6ヶ月、属性の評価としては1年〜「普通」となりますので、少しまてば1年たつ、という場合には少しまってから申込をした方が審査には有利になるかもしれません。

 

そして審査に通らない原因として最も多いと言われているのが他社借入件数がオーバーしている方です。ローン審査では借入件数の多さが重視されます。何件までがOKなのか、そのボーダーラインは各社によって異なりますが、2〜3件であれば問題ないです。

 

問題となるのは、それ以上の借入件数がある場合です。もしも借入件数の多さが元で審査に通らない場合には、一気に一本化の審査に通るのは難しいかもしれません。そこで、そうした場合には借入件数を減らしてから再度一本化の審査を受けてみるといいでしょう。

 

借入件数を減らすには具体的にはどうしたらいいのかと言いますと、まず残債の少ないところを優先して完済してしまうのです。限度額が余っているところがあれば、そこから借りてでもローン件数を減らして完済してしまいます。

 

そうすると、借入額全体としては変わらないものの、借入件数を1つ減らすことができます。また完済実績がつきますので、より審査に有利となるわけです。またしっかりと返済を続けていれば、限度枠は増枠も可能です。プチおまとめと増枠をうまく行いながら借入件数が審査の射程範囲内に納まったら、そのときこそおまとめ一本化のチャンスですよ。